ホーム 建築への想い 家づくりの流れ 施工実績 事務所のご案内 お問い合わせ スタッフブログ
お問い合わせ

新根塚町のいえ(十四)  基礎工事6

2018.03.31
富山県魚津市の
住宅設計事務所『伊田直樹建築設計事務所』伊田直樹です。
原価を公表する分離発注方式により
『住む人(施主)が主役の家づくり』を推奨してます。


こんにちは。


ベタ基礎の立ち上がり基礎の型枠を組み終わりました。


図面通りのアンカーボルト位置にあるのか確認を行いました。
また、通常アンカーボルト埋め込み量は250mm、これも再確認。


型枠完了。


↑手前の立ち上がり内部はこのように鉄筋が組まれ足元灯の電気配線が仕込まれてます。


この立ち上がりは打放し仕上げになるので新品型枠を使用し
型枠と型枠に隙間が出来るとそこからコンクリートが流れアワタになるので注意。
色んな現場を経験した職人技が見受けられます。
住宅基礎しか経験のない基礎屋さんには難しい内容だと思われます。